女性と爪水虫

「爪も水虫になるの?」と驚かれる人も多いのですが、爪も皮膚の一部であり、水虫菌にとってはとてもおいしいごちそうです。爪の水虫は水虫の中でもとても患者数の多い病気で、しかも重症化しやすく、治りにくいという特徴があります。では、なぜ爪にまで水虫を発症させる女性が多いのでしょうか。


これはまず、ハイヒールの影響が大きいようです。水虫菌は、目に見えないような細かな傷などから皮膚に入り込みます。ハイヒールをはくと、つま先が靴に強く当たって皮膚に傷がつき、そこから菌が入りやすくなるのです。そして、爪がいったん水虫になると形が変わり、色がにごって、厚みが増していきます。


それがいやで爪をヤスリなどで削りこむ人がいるのですが、そうすると爪の形がますます変わっていきます。爪の角が皮膚にめり込み、立ったり歩いたりするときにズキズキと痛むようにもなります。


ちなみに、爪の角が皮膚にめり込むことを俗に「巻き爪」、専門的には「陥入爪(かんにゅうそう)」といいます。爪の病気の中で、陥入爪は爪の水虫と同じくらい患者数の多い病気です。そのため、女性の患者さんのなかには「巻き爪を治したい」とやってきて、診察したところ、実は爪の水虫だったというケースもめずらしくありません。


なお、爪をいためやすいマニキュアやペディキュアも、水虫を引き起こす一因になります。爪の水虫を発症しているのに、「爪の色がにごっていて恥ずかしい」とマニキュアやペディキュアをぬっていては、さらに悪化する原因になるので、絶対にやめてください。



※当サイトは診察や治療のアドバイスを目的としたものではありません。
自分のために調べたことをまとめたものですので、参考程度にお役立て下さい。




mizumusituihou.jpg



mizumusituihou2.jpg



詳しくはこちらのページをお読みください↓↓↓
水虫アッサリ追放宣言!こんなに簡単! だったのか・・・水虫がたった1回で! ついでに美足になっちゃった。 水虫治療



関連記事

  1. 爪が変になって サンダル・ミュールが履けない ペデュキアが塗れない女性へ
  2. 女性にも多い水虫

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0