女性にも多い水虫

不潔な男の代名詞のように言われている水虫ですが、最近は女性の水虫患者が増えてきています。これは、女性が社会進出するようになったことが理由のひとつです。家事が中心で家の中を素足で暮らしていることが多かった女性も、最近は多くの人が就職して1日中会社で働くようになりました。


当然靴を履く時間が増えることに加え、ファッションを追求した細身の靴の流行などで、足についた白癬菌が活発に活動しやすい環境がそろっているのです。さらに女性の場合、ナイロンのストッキングやブーツなどを身に着けることが多いです。これらの素材は通気性の悪いものが多く、水虫(白癬菌)にとって絶好の棲家になっているのは確かです。


水虫 女性水虫にかかる率に男女の差はほとんどありません。最近の調査では、20~30代の働く女性の3分の1に水虫の経験があるという結果が出ています。特に女性には爪水虫が増えている傾向があります。これは、ミュールやペデュキアなどの流行で、つま先に目が行くようになったことも理由のひとつです。爪の変形・変色が気になるなどで医者にかかり、それが爪水虫と判明する訳です。

先にも書きましたが、水虫にかっこうの繁殖場所を提供するという意味では、ナイロン製のストッキングも良くありません。最近では機能的にすぐれたストッキングも売られているようですが、それでもやはり通気性には限界があります。仕事をしている女性は1日中ハイヒールとストッキングをはき続けることも多いと思いますが、可能な職場であればサンダルを履くというように、水虫予防の工夫をしてみてはいかがでしょうか?


最近は、テレビや新聞などで水虫についてずいぶん取り上げられるようになりました。テレビCMも出演女性が自分の足が水虫かも?というようなものが放映されたりしています。以前は「水虫=不潔にしていたから」というマイナスのイメージが先行し、「水虫で受診するのは恥ずかしい」と思う女性が多かったのですが、水虫の治療に対してそうした先入観が薄らいできているのは、とてもよい傾向だと思います。



※当サイトは診察や治療のアドバイスを目的としたものではありません。
自分のために調べたことをまとめたものですので、参考程度にお役立て下さい。




mizumusituihou.jpg



mizumusituihou2.jpg



詳しくはこちらのページをお読みください↓↓↓
水虫アッサリ追放宣言!こんなに簡単! だったのか・・・水虫がたった1回で! ついでに美足になっちゃった。 水虫治療



関連記事

  1. 爪が変になって サンダル・ミュールが履けない ペデュキアが塗れない女性へ
  2. 女性と爪水虫

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0