水虫になりやすい人

社会人になる20歳前後を過ぎると、水虫にかかることが多いといわれています。これは、社会人になると革靴や作業靴などを履いている時間が長くなり、高温多湿という水虫(白癬菌)にとって好ましい環境に足が長時間おかれるためです。


kutuwohaku.jpg毎日8時間以上靴をはき続けている人は、水虫にかかっている割合が非常に高いという調査結果もあります。1日中蒸れやすい革靴を履き続けなければならないサラリーマンは、水虫になりやすいです。他にも、激しいスポーツをする人は足に大量の汗をかくことで、細身の靴やブーツを好んで履く女性、密閉性の高い安全靴を着用する作業員などは通気性の悪さが、水虫の発症率を高めます。


そして40代を過ぎると、長年靴を履いたことによる影響に加えて、加齢のために足の皮膚の免疫(細菌やウイルスなどの病原体を打ち負かす働き)が衰え、水虫になる人がさらに多くなります。皮膚の新陳代謝が遅くなって、角質が厚くなるので、角質層の中で密かに増殖を続ける白癬菌にとっては好都合なわけです。


また、水虫の人と同居していると感染機会も増えますので、水虫になる可能性も当然増します。家族に水虫の人がいればうつりやすい訳です。


ただし、水虫は遺伝でなることは無いと考えられています。しかし、汗をかきやすい体質や足の形などは遺伝しますので、そういった面での影響はあります。


asiura.jpg白癬菌に感染しやすい足の形ですが、指と指の隙間がなくピッタリとくっついている人、足の指があまり動かせず指を開くことができな人、土踏まずと地面との隙間があまりない偏平足の人、の足などが挙げられます。

また、細身の靴を好んで履く外反母趾気味の人も水虫になりやすいです。指と指の間の隙間がなくなり、指の股の風通しが悪く蒸れやすくなるからです。女性でも水虫になる人は実は多いので注意が必要です。



※当サイトは診察や治療のアドバイスを目的としたものではありません。
自分のために調べたことをまとめたものですので、参考程度にお役立て下さい。




mizumusituihou.jpg



mizumusituihou2.jpg



詳しくはこちらのページをお読みください↓↓↓
水虫アッサリ追放宣言!こんなに簡単! だったのか・・・水虫がたった1回で! ついでに美足になっちゃった。 水虫治療



関連記事

  1. 水虫と靴 水虫は現代病
  2. 水虫はうつる?
  3. 水虫とは?病気?原因は?

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0