かゆくない水虫もある

水虫というと「かゆい」というイメージがありますが、かゆみのない水虫もあるのです。しかも、かゆくない水虫の方が症状が進んだ状態なのです。角質増殖型の水虫と爪水虫がその代表です。


症状が進むとかゆみがなくなるとはどういうことでしょうか?


水虫を引き起こす白癬菌のほとんどがトリコフィン・ルブルムとトリコフィン・メンタグロフィテスの2種類です。これらの白癬菌が皮膚に侵入した当初は、そのことを免疫細胞が感知します。そして免疫反応が生じて趾間型や小水疱型の水虫になります。


ところが長い年月が経過し症状を慢性化させると、白癬菌、とくにトリコフィン・ルブルムは人の皮膚と仲良しになり、共存するようになります。つまり、赤くなったり、水泡をつくったりせず、菌を追い出そうとする反応が起こらなくなり、かゆみもなくなるのです。


しかし菌は角質層の中で密かに増殖を続けますので、やがて角質は厚く硬くなり、かかとを中心とする足の裏がカサカサ。ゴワゴワになります。こうして形成されるのが角質増殖型の水虫です。


強烈なかゆみやムズムズ・ジクジクなどの不快感がない分、症状が治まったと感じるかもしれません。実は僕もそうでした。一時期薬などを塗っていたので治りつつあるのだろうと思っていました。


しかし逆なのです。水虫を慢性化させると白癬菌を撃退することが難しくなり、治療をしないでほうっておくと肌のひび割れを起こします。さらに菌をばら撒く量も増え、他人にうつしやすくなります。こういったことからかゆくない水虫は問題が深刻です。


なぜトリコフィン・ルブルムという菌が免疫反応を起こさず、人間の角質の中に長期間生存できるのか、現代医学でも解明できていないようです。水虫はまだまだ解明しきれいていない面をもつ病気でもあります。



※当サイトは診察や治療のアドバイスを目的としたものではありません。
自分のために調べたことをまとめたものですので、参考程度にお役立て下さい。




mizumusituihou.jpg



mizumusituihou2.jpg



詳しくはこちらのページをお読みください↓↓↓
水虫アッサリ追放宣言!こんなに簡単! だったのか・・・水虫がたった1回で! ついでに美足になっちゃった。 水虫治療



関連記事

  1. 水虫のかゆみ かゆい水虫
  2. 水虫と足のにおい 足が臭いのは水虫率が高い

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0