水虫のかゆみ かゆい水虫

水虫の初期症状としては、かゆみやムズムズ・ジクジクなどがあります。


とくに梅雨の入り口にさしかかると、外気の温度が上がり湿度も高くなります。白癬菌の活動が活発になる条件が整うわけです。


kayui.jpgしかし、かゆみやムズムズ・ジクジクは白癬菌が動いているから感じるのではありません。人の体には、ウイルスや細菌などの異物が入り込んだとき、それらを追い出そうとする働き、すなわち免疫が備わっています。白癬菌に対しても免疫が働きます。この、免疫による白癬菌を追い出そうとする活動が、かゆみやムズムズ・ジクジクという反応になるのです。患部が赤くなったり、水泡ができたりするのも同じです。ですから、あの水疱の中にはほとんど白癬菌はいません。


免疫で重要な働きを果たしているのは白血球です。白血球はリンパ球など数種類の細胞で構成されています。リンパ球は異物を排除する活動の中で化学物質を分泌します。それが皮膚の表面の細胞分裂を促進して表皮の代謝を早めます。水虫になると皮膚がポロポロとたくさんむけるのはこのためで、表皮が白癬菌を振るい落とそうとしている現れです。


また白血球は、闘いに疲れるとやがて死んでいきます。白血球はその死にぎわに分泌液を出すのですが、それが水疱になります。水虫になると水泡ができるのは、白癬菌が居着いたからではなく、白癬菌を追い出すために生じた免疫反応の一部なのです。


このような水虫の初期症状は2~3年続きます。この時期の免疫の働きを上手に利用して治療すれば、早い段階で水虫を治すことができます。かゆみやムズムズ・ジクジクした症状の強いときこそ、水虫をきれいに治すチャンスなのです。


ところが「まだまだ大丈夫」と2~3回の夏を過ごすと、白癬菌は指の股にはじまり土踏まず、さらには足裏全体に広がります。そうなると白癬菌が皮膚と共存し、免疫反応が起こらなくなります。水虫の慢性化のはじまりです。


まさに僕はこのパターンです(笑)。
こうなる前に対処した方がいいですよ!



※当サイトは診察や治療のアドバイスを目的としたものではありません。
自分のために調べたことをまとめたものですので、参考程度にお役立て下さい。




mizumusituihou.jpg



mizumusituihou2.jpg



詳しくはこちらのページをお読みください↓↓↓
水虫アッサリ追放宣言!こんなに簡単! だったのか・・・水虫がたった1回で! ついでに美足になっちゃった。 水虫治療



関連記事

  1. かゆくない水虫もある
  2. 水虫と足のにおい 足が臭いのは水虫率が高い

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0