水虫と足のにおい 足が臭いのは水虫率が高い

長時間靴を履いた後の水虫の人の足は、そうでない人の足に比べかなりにおいがキツイです。特に趾間びらん型水虫の人はクサくなりやすい傾向があります。指の股というのは乾燥しにくいため、細菌が付着しやすいからです。また、角質が厚くなりふやける角質増殖型水虫の人や、足に汗をかきやすい人も、強烈なにおいを発する傾向にあります。


水虫の足など患部がくさくなるのは白癬菌のせいではありません。角質層にすみついた白癬菌に対抗して、体の免疫機能が働き、皮膚の内部からリンパ液が出てきます。そのリンパ液と汗は、角質を湿らせ、柔らかくします。こうなると皮膚の表面にいるブドウ球菌などの細菌が皮膚に侵入しやすくなります。


stockfoto_14057207_S.jpg皮膚に侵入した細菌類は活性化し、脂肪酸などの腐敗性物質をつくります。これがにおいの正体なのです。つまり白癬菌そのものではなく、便乗して寄生した細菌の活性化による臭いということになります。さらに靴が蒸れるとそのにおいがいっそう増し、靴を脱いだ時に蒸れた足から強烈なにおいが発散されるというわけです。

においを消すためには、足を乾燥させることが大切です。においの素は角質層で増殖した細菌類とリンパ液や指のまたの汗ですから、これを取り除けば嫌なにおいはある程度消すことができます。そのためにはこまめに足を洗い乾燥させ、患部を常に清潔にしておくことが大切です。


基本的なことですが、毎日のお風呂で足の指の1本1本をていねいに石けんでやさしく洗うだけでも、細菌の付着をかなり阻むことができます。リンパ液や指のまたの汗も洗い流すので、においもだいぶ薄らぎます。



※当サイトは診察や治療のアドバイスを目的としたものではありません。
自分のために調べたことをまとめたものですので、参考程度にお役立て下さい。




mizumusituihou.jpg



mizumusituihou2.jpg



詳しくはこちらのページをお読みください↓↓↓
水虫アッサリ追放宣言!こんなに簡単! だったのか・・・水虫がたった1回で! ついでに美足になっちゃった。 水虫治療



関連記事

  1. かゆくない水虫もある
  2. 水虫のかゆみ かゆい水虫

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0