私も水虫かも? 水虫の状態や症状など

ゴールデンウィーク明けから梅雨にさしかかる時期、足の表面や足裏がムズムズし始めます。これが水虫の最初の自覚症状です。水虫菌(白癬菌)は、平均気温が18度以上で湿度が80%以上になると活発に増殖します。気温が高くなるゴールデンウィーク明けから湿度が上がる梅雨時期がこの条件にぴったり該当し、白癬菌が活発に活動し始めるという訳です。


この水虫ですが、症状が出たときにはじめて水虫に感染したということではありません。症状が出るよりかなり前から水虫菌(白癬菌)に感染していた場合がほとんどです。水虫は、菌が皮膚についたからといって、すぐに発症するものではないのです。


この潜伏期間には症状がないため、水虫になっていることに気がつくことはほとんどありません。ところが、ある年の梅雨どきのジメジメした日に、靴の中で足がむずがゆくなります。くつを脱いで足を見てみると、かゆみの強いところに小さな水泡ができていることに気づくでしょう。


水虫の症状その水泡は、白癬菌が活発に活動することで皮膚が反応して炎症が起こっているために発生します。その後、ムズムズしたかゆみや、かきむしりたくなる強いかゆみに悩まされることになります。水虫の症状が急激に出てくる急性期は、だいたいこのような経過をたどります。


僕も急激なかゆみを覚えたときに、小さな水泡がいくつかできていました。たしか薬指か親指のつけね部分(足の表側)とくるぶしの下のほうの足のフチにあたる部分だったと思います。赤みがかった、米粒の半分ぐらいの水泡が数個できていたと記憶しています。


水虫というと、「不潔」「汚い」「オジサンのなるもの」というイメージがつきまといます。父親が足の指の間をかいていた記憶があり、僕もまさにそのイメージでした。ですから自分が水虫だとわかったとき、ちょっとショックではありました。


stockfoto_2555687_S.jpg現在、水虫にかかっている人の数はかなり多いというデータがあります。皮膚科専門医による免疫調査によると、なんと日本人の4人~5人にひとりが水虫であるというデータもあります。しかも水虫の患者さんのほぼ半数は、なかなか完治のむずかしい爪の水虫も併発していることもわかりました。


これだけ多くの人が水虫になっている現在、女性や子供も決して人ごとではありません。お父さんを指して「不潔」などといっている奥さんやお子さんも、水虫にかかっている可能性は大いにあります。水虫は、もはや現代病ともいえる状態なのです。



※当サイトは診察や治療のアドバイスを目的としたものではありません。
自分のために調べたことをまとめたものですので、参考程度にお役立て下さい。




mizumusituihou.jpg



mizumusituihou2.jpg



詳しくはこちらのページをお読みください↓↓↓
水虫アッサリ追放宣言!こんなに簡単! だったのか・・・水虫がたった1回で! ついでに美足になっちゃった。 水虫治療



関連記事

  1. 爪水虫~爪が黒黄色に変色して厚みがでてきたり 爪がボロボロもろくなる
  2. 角質増殖型水虫~足の裏かかとカサカサ白い
  3. 小水疱型水虫~小さな赤い水ぶくれが痒い
  4. 趾間びらん型水虫~足の指の間がかゆい

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0