角質増殖型水虫~足の裏かかとカサカサ白い

角質増殖型水虫は、足の裏全体がカサカサになって、シワが深くなり、白い粉が吹いたようになるのが特徴です。症状が進むと、足の裏全体、とくにかかとの角質層が厚く硬くなります。


重症化した場合、こするとボロボロ皮がむけ、アカギレのようにひび割れを起こすこともあります。こうなると痛みで歩くことが困難にさえなります。


IMGP0204.JPG水虫は水泡ができてかゆかったり、皮膚がふやけてジクジクしたりというイメージが浸透しています。そのため手足がカサカサになっても水虫だと思わない人が大半です。特に年配の人は、年のせいで肌が乾燥してきているのだと勘違いすることも多いです


また、角質増殖型水虫は、季節に関係なく1年を通して症状がさほど変化しません。これも水虫と気づきにくい一因です。しかし角質増殖型水虫は、症状がかなり進んだ状態です。水虫が完全に慢性化した状態なのです。この状態というのは、すでに皮膚が白癬菌と仲よくなり、菌を追い出そうとする免疫機能が働かなくなっています。


角質増殖型水虫は多くの菌をばら撒くことになりますので、同居している人も水虫になる可能性がかなり高くなります。角質増殖型水虫は、水虫と気づきにくいために悪化させやすく、さらに周囲にうつす可能性の最も高い、やっかいな水虫なのです。


また、手にできる角質増殖型水虫は、よく手荒れと間違われます。手荒れだと思って塗っているハンドクリームの内容成分によっては、かえって菌が元気になり、症状が悪化します。角質増殖型水虫の疑いがある場合には必ず皮膚科に行って、診断を仰いで下さい。



※当サイトは診察や治療のアドバイスを目的としたものではありません。
自分のために調べたことをまとめたものですので、参考程度にお役立て下さい。




mizumusituihou.jpg



mizumusituihou2.jpg



詳しくはこちらのページをお読みください↓↓↓
水虫アッサリ追放宣言!こんなに簡単! だったのか・・・水虫がたった1回で! ついでに美足になっちゃった。 水虫治療



関連記事

  1. 爪水虫~爪が黒黄色に変色して厚みがでてきたり 爪がボロボロもろくなる
  2. 小水疱型水虫~小さな赤い水ぶくれが痒い
  3. 趾間びらん型水虫~足の指の間がかゆい
  4. 私も水虫かも? 水虫の状態や症状など

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0